チーム・トヨタ、WRC第2戦「ラリー・スウェーデン」 3車ともに完走

2018年2月21日 21:57

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

全編スノーロードのラリー・スウェーデン、SSを果敢に攻めるエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組チーム・トヨタの「ヤリスWRC 9号車」

全編スノーロードのラリー・スウェーデン、SSを果敢に攻めるエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組チーム・トヨタの「ヤリスWRC 9号車」[写真拡大]

写真の拡大

 2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリー・スウェーデンの競技最終目「デイ4」が、2月18日、スウェーデンのトルシュビーをメイン会場に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC 9号車)が総合4位、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(7号車)が総合7位、オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(8号車)が総合9位でフィニッシュ。ヤリスWRCは、前戦に続き全3台が完走を果した。

 ラリー・スウェーデンの最終日「デイ4」は、トルシュビーの北側で2本のSS(スペシャルステージ)を行ない、最後にトルシュビーの「パワーステージ」1本を走行する3本、計51.94kmのSSが行なわれた。

 1本目のSS17ではまずタナックがベストタイムを記録。そしてSS18と、ボーナスポイントがかかるパワーステージに指定されたSS19では、ラッピが連続でトップタイムを記録した。結果、ラッピは前日よりも順位をふたつ上げ、最終的には総合4位でフィニッシュした。

 今回ヤリスWRCは全部で8本のSSベストタイムを記録し、スノーロードでのパフォーマンスを証明したが、そのうち6本がタナック、2本がラッピによるものだった。

 トミ・マキネン・チーム代表から、「最終日、3本のSSをすべて制するなど、良いパフォーマンスを示すことができた。今回は、全体的にクルマもドライバーも良かったが、コースのコンディションは必ずしも公平とはいえなかった。将来的に、すべてのドライバーが同じようなコンディションで走れるような施策がなされると良いと思う。今日、エサペッカはとても速く、昨日よりもふたつ順位を上げ、パワーステージでもトップタイムを記録した。金曜日にたった1度だけ小さなミスをしたが、それさえなければ表彰台のもっとも高い位置を狙えたはず。ただ、彼が初めてスノーラリーにWRカーで出場したことを忘れるべきではない。きっと来年は、もっと強くなっているでしょう」とのコメントか得られた。

 ラリー・スウェーデンの最終リザルトは、1位がティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー組(ヒュンダイ i20 クーペ WRC)。2位がクレイグ・ブリーン/スコット・マーティン組(シトロエン C3 WRC)、3位がアンドレアス・ミケルセン/アンダース・ジーガー(ヒュンダイ i20 クーペ WRC)だった。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
2018 WRC緒戦、チームトヨタ「ヤリスERC」2位、3位、7位で全車完走
1月25日に2018年シーズンが開幕するWRC、トヨタが最新マシン公開
トヨタ、年明け「オートサロン」でGR「スーパースポーツコンセプト」公開
参戦過熱「Formula E」、勝利のカギはパワーエレクトロニクス
チーム・トヨタ、WRC「マニュファクチャラーズ3位」でシーズンを終える

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車世界ラリー選手権

「スポーツ」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース