富士フイルムHDはゼロックス買収に競争相手登場の可能性出たが堅調

2018年2月21日 09:42

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ゼロックスの大株主アイカーン氏らが「競合他社との統合」を推奨

 富士フイルムホールディングス<4901>(東1)は21日、4380円(15円高)で始まった後も堅調で、取引開始後は4397円(32円高)と出直り幅を広げている。米ゼロックスをグループ化する構想に対し、米ゼロックスの大株主であるカール・アイカーン氏らが米国時間の20日、富士フイルムHD以外との経営統合を求める動きを見せたと伝えられたが、株価への影響は見られないようだ。

 米国20日発のロイター通信は「米事務機器大手ゼロックスの主要株主、カール・アイカーン氏とダーウィン・ディーソン氏は20日、ゼロックスは競合もしくはプライベートエクイティ(PE)への身売りを検討すべきとの考えを示した」と伝えた。。

 「ゼロックスに大幅なプレミアムを上乗せした額を支払うことに前向きな競合他社との統合が可能との認識を示した」とし、「もしくは、富士フィルムホールディングスが全面的な買収提案を行い、公正な水準に引き上げる選択肢も指摘した」と伝えた。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
株は世に連れ、世は株に連れ=犬丸正寛の相場格言(2018/01/01)
【特集】戌(いぬ)年相場は4勝1敗、「戌(いぬ)は笑い、亥(い)固まる」でいい年に(2018/01/01)
【注目銘柄】マルゼンは高値圏モミ合いから上放れ、18年2月期予想は増額の可能性(2017/12/31)
【注目銘柄】アドベンチャーは調整一巡して上値試す、18年6月期大幅増収増益予想(2017/12/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース