購入した仮想通貨、3位「イーサリアム」、2位「リップル」、1位は…

2018年2月19日 08:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:16JST 購入した仮想通貨、3位「イーサリアム」、2位「リップル」、1位は…
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、Tカード利用者のる20歳から69歳までの男女1501名に、「仮想通貨に関するアンケート調査」を実施した。調査方法は対面ではなく、インターネットでの回答である。
このアンケート調査から見えたものをダイジェストで記すと以下のようになった。
・仮想通貨に興味・関心がある人は3割
20代の男性の5割弱が仮想通貨に興味・関心あり
・仮想通貨を理解している人は5割、4人に1人は今後勉強をしていきたい
勉強手段の1位「インターネットで調べる」 2位「詳しい友人・知人に聞く」 3位「本を買う」
・仮想通貨を買った購入したことがある人は3%、4人に1人が購入したい
購入している仮想通貨は1位「ビットコイン」 2位「リップル」 3位「イーサリアム」
・今後、仮想通貨が一般的にならないと思う人は8割

■仮想通貨に興味・関心がある人は3割

仮想通貨に対する興味や関心は、「とてもある」「少しある」と回答をした人が32.5%。そのうち、20代の男性は43.5%が興味・関心があると答えた。50~60代は45.6%の人たちが仮想通貨への興味・関心が「まったくない」と答えた。

■仮想通貨を理解している人は5割

仮想通貨の理解度は、「理解している」「なんとなく理解している」が49.3%、「理解していないが、これから勉強して理解していきたい」が25.4%という結果だった。
「これから勉強して理解していきたい」と答えたのは382名だが、勉強の手段はといえば、「インターネットで調べる」(73.3%)、「詳しい友人・知人に聞く」(29.3%)、「本を買う」(21.5%)、「テレビを見る」(21.2%)、「専門家、専門会社の人に聞いてみる」(11.3%)だった。


さらに、回答者のなかには、「まずは取引をしてみる」と回答をした人が3.4%いた。こうした結果を細かく分析してみると、男性は自分で調べて勉強をする傾向が強く、女性は人に聞いて勉強をする傾向があることがわかった。

■仮想通貨を購入したことがあるか

仮想通貨の購入については、「既に購入している」人は2.9%、「今まで購入していないが、今後購入したい」という人は25.2%、「今まで購入していないし、今後も購入したいと思わない」という人は71.8%となった。4人に1人は購入したいと思っていることがわかった。

では、これまでに仮想通貨を購入したことがある人に、どんな仮想通貨を購入したかについては、1位が「ビットコイン」(75.0%)、2位が「リップル」(47.7%)、3位は「イーサリアム」(40.9%)、4位は「ビットコインキャッシュ」(27.3%)、5位は「ライトコイン」(13.6%)であった。

■今後、仮想通貨が一般的になるかどうか

今後仮想通貨が一般的になるかどうかは、「一般的な通貨になると思う」が17.2%で、「一時的に流行しているだけで、一般的にはならないと思う」が67.0%と大幅に前者を上回った。「流行していないと思うし、全く一般的にならないと思う」もあり、仮想通貨が一般的ではないと思う人が8割にもおよんだ。

□調査概要
調査方法:インターネット (Tアンケート)
調査期間:2018年1月26日(金)~1月31日(水)
調査地域:全国
調査対象:20~69歳の男女(T会員)
サンプル数:1,501名


【ニュース提供・エムトレ】《HT》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース