Oracle、無償JDK提供は「Java 10」で終了 11以降はOSSコミュニティで

2018年2月13日 22:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今までJavaのメジャーアップデート間隔は数年と長かったが、昨年9月にリリースされたJava 9からは、6か月おきにメジャーアップデートが行われる方針となっている。予定では今年3月にJava 10がリリースされる予定だが、OracleによるJDKの無償配布はこのバージョンが最後となり、それ以降はオープンソース版のOpenJDKが無償版という扱いになり、Oracle JDKは有償サポート契約を結んだ顧客にのみ配布される形になるという(Publickey)。

 また、OpenJDKのサポート期間は原則として次のメジャーリリースが行われるまで、つまり原則として6か月になるという。ただ、一定間隔で長期サポート(LTS)版のOpenJDKがリリースされ、これについてはオープンソースコミュニティによって数年のサポートが提供されることになるようだ。

 いっぽう、Oracle JDKについては3年おきにLTS版がリリースされ、LTS版については「Premier Support」でリリースから5年間、さらに「Extended SUpport」でPremier Supportの終了から3年間がサポート期間になるそうだ。

 ただしJDK 8については例外で、2019年1月(個人利用は2020年12月)まで無償サポートが継続され、さらに有償サポートは2025年3月まで継続されるとのこと。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | Java | デベロッパー

 関連ストーリー:
Eclipse Foundation、Java EEの新名称を決めるオンライン投票を実施中 2018年02月12日
Java 6u171と7u161からJava Pluginなどが削除 2018年01月29日
LTS版JDKの入手にはOracleサポート契約が必須になる? 2017年10月10日
Java SE 9リリース 2017年09月23日
Oracle、「Java EE」のオープンソース組織への移管も視野に入れる? 2017年08月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードOracleオープンソース

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース