ワークマンの今期第3四半期は、低価格で高機能を追求したPB商品の売上好調で、増収増益

2018年2月8日 09:02

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■今期も通期業績予想は最高益更新を見込む

 ワークマン<7564>(JQS)の今期第3四半期は、低価格で高機能を追求したPB商品の売上好調で、増収増益となった。

 同社が開発する、ワークウエアでありながらカジュアルなデザインと高機能で、低価格を追求したPB商品の売上は好調で、チェーン全店売上高構成比は32.1%(前年同期比6.0ポイント増)となった。

 また、販促媒体と商品が連動した買い易い売り場づくり、チラシの投入、PB商品の情報をマスコミやブロガー向け商品発表会の開催で幅広く発信するメディア戦略などを展開した。

 店舗展開については、ドミナント戦略の強化とスクラップ&ビルドで既存店の活性化を図った。第3四半期累計期間では、開店23店舗、賃貸借契約満了などに伴うスクラップ&ビルド4店舗、閉店6店舗で、平成29年12月31日現在の営業店舗数は、フランチャイズ・ストア(加盟店A契約店舗)が前期末より32店舗増の692店舗、直営店(加盟店B契約店舗及びトレーニング・ストア)は前期末より15店舗減の122店舗で、合計814店舗となっている。

 その結果、第3四半期業績は、売上高435億円(同7.6%増)、営業利益85億03百万円(同9.0%増)、経常利益94億02百万円(同8.4%増)、純利益58億43百万円(同7.8%増)であった。

 通期業績予想については、当初予想を据え置いている。

 今期18年3月期通期業績予想は、売上高542億40百万円(前期比4.2%増)、営業利益101億20百万円(同6.0%増)、経常利益112億90百万円(同5.2%増)、純利益73億90百万円(同3.6%増)と今期も最高益更新を見込む。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【新春注目銘柄】竹内製作所はトランプ減税策のメリット関連株は第3四半期決算発表に先取り買い妙味(2018/01/02)
株は世に連れ、世は株に連れ=犬丸正寛の相場格言(2018/01/01)
【特集】戌(いぬ)年相場は4勝1敗、「戌(いぬ)は笑い、亥(い)固まる」でいい年に(2018/01/01)
【注目銘柄】マルゼンは高値圏モミ合いから上放れ、18年2月期予想は増額の可能性(2017/12/31)
【注目銘柄】アドベンチャーは調整一巡して上値試す、18年6月期大幅増収増益予想(2017/12/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース