安倍首相、ミサイル第1弾甘受の精神で「専守防衛」強調 

2018年2月1日 16:43

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は31日の参院予算委員会で「専守防衛は憲法の精神に則った受動的な防衛戦略であり、この方針は今後も変わらない」と改めて『専守防衛』を強調した。

【こちらも】安倍首相、労基法上「歴史的な大改革に挑戦する」

 総理は例示に、専守防衛の考えとして「ミサイル攻撃の第1弾は私たちは甘受しなければならない。まさに憲法の精神に則って考えたものであろう」と、その精神に沿った防衛戦略は今後も変える考えがない旨を明言した。

 安倍総理は「専守防衛は『我が国防衛の基本方針』だ」とし「相手から武力攻撃を受けた時、初めて防衛力を行使する。その防衛力行使の対応も、自衛のための必要最小限度にとどめ、保持する防衛力も、自衛のための最小限度のものに限られる、など、受動的な防衛戦略をいうものだ。防衛戦略としては、大変厳しい防衛戦略になるもの」と専守防衛の意味するところを説明。

 また安倍総理は「例えば、ミサイル攻撃の第1弾は私たちは甘受しなければならないわけだが、この考えは、まさに、憲法の精神に則って考えたものであろう、と考えている」と述べた。

 そのうえで安倍総理は「このような『専守防衛』に関する考え方は政府の一貫した考え方であり、今後もいささかの変更もない、ということは明確に申し上げておきたい」と防衛戦略において、専守防衛に徹する考えを強調した。公明党の山本香苗議員の質問に答えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
日本独自に敵基地攻撃能力「考えていない」総理
防衛力強化すると施政方針演説で安倍総理
違憲部分の削除含め安保見直しへ 民進と希望
F35B搭載空母「攻撃型と言わず、何という」
専守防衛を強調も様々な検討範疇に空母?防衛相

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三公明党憲法

「軍事・防衛」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース