情報処理学会、AIゲームプログラムコンテスト「SamurAI Coding」今年も開催

2018年1月3日 11:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

washizaki曰く、 今年度も情報処理学会によって人工知能ゲームプログラミングコンテスト「SamurAI Coding 2017-18」が開催されます。ゲームをテーマにAIプログラミングスキルを競う国際コンテストであり、学会主催の形では6年目になります(2016年の紹介記事2015年の紹介記事2014年の紹介記事)。

 予選応募は日本時間2月9日20:59締切。予選を勝ち抜いた16チームは2018年3月14日に第80回全国大会・早稲田大学に併設の決勝に進出でき、旅費補助や賞金等の特典も予定されています。

 今回のゲームは「SamurAI Jockey(サムライジョッキー)」。AIがサムライの騎馬を自動運転して、複雑なコースを駆け抜け、そのタイムを競います。1人でもチームでも、学生も社会人も誰でも楽しく参加でき、決勝ではスポンサーを交えてネットワーキングもできます。プログラミング言語としてはC++、Java、Pythonを含む様々な主要な言語の中から自由に選べます。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | 人工知能 | プログラミング | アナウンス | デベロッパー

 関連ストーリー:
情報処理学会 人工知能ゲームプログラミングコンテスト「SamurAI Coding 2016-17」予選募集中 2016年12月18日
ゲームAIプログラミングコンテストSamurAI Coding「侍3x3 軍団バトル」予選受付中 2016年01月07日
情報処理学会ゲームAIプログラミングコンテストSamurAI Coding「領主を味方に引き入れろ」 2014年11月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自動運転人工知能(AI)早稲田大学JavaPython

「ゲーム関連」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース