ニコ動、「ネットユーザーが本気で選ぶ!2017 年アニメ大賞」発表

2018年1月1日 11:59

小

中

大

印刷

 動画サービスの「ニコニコ動画(niconico)」は、2017年にテレビ地上波で放送したアニメ作品を対象に、「ネットユーザーが本気で選ぶ!2017年アニメ大賞」と題して一斉アンケートを実施した。

【こちらも】アニメファンが選ぶ「2017年もっとも魅力的だったアニメキャラ」TOP20!

 それによると「人気No.1アニメ作品」は『けものフレンズ』、「アニメ流行語大賞」は『止まるんじゃねぇぞ…(機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)』、「人気No.1アニメキャラクター」は『サーバル(けものフレンズ)』が、それぞれ選ばれた。

■ネットユーザーが本気で選んだ"一斉アンケート"その結果は?

 先日ニコニコ動画では、一斉アンケート「ネットユーザーが本気で選ぶ!2017 年アニメ大賞」が開催された。投票は2017年1月~12月の間にテレビ地上波で放送されたアニメを対象に、「人気No.1アニメ作品」「アニメ流行語大賞」「人気No.1アニメキャラクター」のそれぞれを選出、決定するものだ。

 投票は12月28日17時30分から21時30分の間におこなわれ、結果は番組内で順じ発表された。

《人気No.1アニメ作品》
1位 『けものフレンズ』…12.82%
2位 『宝石の国』…5.93%
3位 『この素晴らしい世界に祝福を!2』…2.96%

 やはり2017年一番の話題となり、男女共に人気となった『けものフレンズ』が1位となった。『宝石の国』は多くの女性に支持をされたことや、アンケート直前にTV放映が終わったことなども影響してか2位を獲得している。

 これを男女別で見ると、女性2位に『活撃刀剣乱舞』が、男性4位に『メイドインアビス』がランクイン。年齢別1~2位の総合ランキングは変らないものの、10代3位『Fate/Apocrypha』、40代3位『幼女戦記』が特筆されるだろう。

■流行語大賞と人気キャラはやはりアノ……。


 他の順位は次のようになる。

《アニメ流行語大賞》
1位 「止まるんじゃねぇぞ…」『機動戦士ガンダム 鉄のオルフェンズ』…29.92%
2位 君は○○のフレンズなんだね!『けものフレンズ』…11.02%
3位 すっごーい!『けものフレンズ』…9.20%

 1位に選ばれた「止まるんじゃねぇぞ…」は、『機動戦士ガンダム 鉄のオルフェンズ』でもっとも人気のあったオルガ・イツカ最期の言葉である。本作第2期23話(第48話)にて仲間を守るため、敵の銃撃を受け絶命した際の台詞だ。最終回に向け多くの仲間が死に、TV前のファンが絶望するなか、このオルガの死は一時期ネット上を騒然とさせた。その為か、アンケート結果では総合、男女別、年齢別、どちらでも堂々の1位を獲得している。

 また2位3位以外にも、4位「わーい!たーのしー!」7位「けものはいても のけものはいない」と『けものフレンズ』の台詞がランクイン。一方で5位「たつき監督を帰して」は、一連の「けもフレ2期、たつき監督降板」騒動へと向けられた、"キャラっぽい言葉"を用いたうえでのファンの思いとなっている。

《人気No.1アニメキャラクター》
1位 サーバル『けものフレンズ』
2位 オルガ・イツカ『機動戦士ガンダム 鉄のオルフェンズ』
3位 かばん(ちゃん)『けものフレンズ』

 公式Twitterによれば2017年「人気アニメキャラクター」に選ばれたのは上記の通りだ。ここでもやはり『けものフレンズ』と『オルフェンズ』のオルガ・イツカが人気を集めた。

 アニメファン14万6,158人の回答から生まれたこの結果だが、1位に選ばれた作品には、ファンからアニメ制作者へと「ありがとう」を伝えられるような特別企画も実施予定との事だ。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワード機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ刀剣乱舞けものフレンズこの素晴らしい世界に祝福をFate/Apocrypha幼女戦記ニコニコ動画メイドインアビス宝石の国

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース