トヨタ、「ピクシス メガ」をマイナーチェンジ

2017年12月17日 19:32

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

Gターボ “SAⅢ”「レジャーエディション “SAⅢ”」(2WD)、価格171.72万円

Gターボ “SAⅢ”「レジャーエディション “SAⅢ”」(2WD)、価格171.72万円[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタは、軽乗用車「ピクシス メガ」を一部改良し、全国のトヨタカローラ店、ネッツ店ならびに、軽自動車市場比率の高い地域で取り扱い希望のあった一部のトヨタ店、トヨペット店を通じて、来年2018年1月8日から発売する。

【こちらも】トヨタ、ポルテとスペイドを一部改良 特別仕様車を設定

 ピクシス メガは、トヨタの完全子会社であるダイハツ工業からOEM供給を受けて販売している軽自動車ブランド。ダイハツ・ウェイクとの兄弟車で、全高1835mmのスーパー・ハイトールタイプの軽トールワゴンである。

 今回のマイナーチェンジでは、歩行者も検知対象とする緊急ブレーキ機能や夜間での歩行者の早期発見に貢献するオートハイビームなど、先進安全機能を進化させた衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を全車両に標準装備した(Dグレードを除く)。装着車は、経済産業省、国土交通省など政府が官民連携で推奨する安全運転サポート車のうち高齢運転者に推奨する「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ワイド」に相当する。

「サポカーS」は自動ブレーキの機能に応じて3つに分類されており、「ワイド」は、対歩行者自動ブレーキ、ペダルの踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、自動防眩型前照灯などの先進ライトを搭載するクルマだ。さらに、駐車時などに左右後方の障害物をブザー音で知らせるリヤコーナーセンサーを追加するなど、安心装備も充実させた。

 ピクシス メガは、軽乗用車トップレベルの室内高1455mm、5ナンバーミニバン並みの高いアイポイントなど、「広々とした室内空間」「フレキシブルなラゲージスペース」「視界の良さ」で、さまざまな生活シーンで活用されているモデルだ。

 マイナーチェンジしたピクシス メガの価格は、NAモデルが135.0万円から172.26万円。ターボモデルが167.4万円から184.14万円。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタとパナソニック、車載用角形電池事業の協業検討を正式発表
トヨタ、独特なデザイン&機能で根強い人気のプチワゴン、ポルテとスペイド改良
火力発電×EVは、決して“クリーン”じゃない。内燃機関は、“まだ死せず”
EVシフトが止まらない。が、内燃機関の自動車も、まだ“死な(ね)ない”
トヨタ、アクティブなアウトドアスポーツのツール、SUV「FT-AC」出展

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車ダイハツ工業スマートアシストミニバン軽自動車

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース