京アニ新作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』新PVとキービジュアル公開

2017年12月13日 20:22

小

中

大

印刷

解禁となった新キービジュアル (C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

解禁となった新キービジュアル (C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会[写真拡大]

写真の拡大

 2018年1月10日より放送開始予定の京都アニメーション新作アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。そのPV第4弾と最新キービジュアルが公開された。2分30秒に渡るボリューミーなPVでは、結城アイラが歌う『Violet Snow』をバックに主人公・ヴァイオレットと彼女を取り巻くキャラクターたちが表情豊かに描かれている。

【こちらも】アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』新キービジュアルとPV第3弾公開

 また、新たにお披露目となったキービジュアルで描かれているのは青と白のグラデーションで彩られた空、青々とした草原、そして真っ直ぐ前を見つめ歩くヴァイオレットの姿。キャラクターだけでなく、背景に映る大自然やスチームパンクな世界の美しさも本作が期待されている要素の一つだ。

■人と人との心をつなぐ“自動手記人形”の物語

 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の舞台となるのは、文字が書けない人や思いを伝えたい人に代わって、その気持ちをくみ取り、言葉にして届ける“自動手記人形(オート・メモリーズ・ドール)”という機械が普及する世界。自動手記人形の一人であり、かつては戦場で「武器」と呼ばれていた少女・ヴァイオレットが、さまざまな人と人との心をつないでいく――。

 本作の監督は『響け! ユーフォニアム』などの石立太一、シリーズ構成は『聲の形』などの吉田玲子が務める。ABC朝日放送ほかTOKYO MX1、テレビ愛知、HTB北海道テレビ、BS11各局にて2018年1月放送。さらにNetflixにて2018年春より全世界配信予定だ(日本は2018年1月配信)。(記事:矢尾新之介・記事一覧を見る

関連キーワードTOKYO MXテレビ愛知響け!ユーフォニアム聲の形Netflixヴァイオレット・エヴァーガーデン

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース