ASUS、マイニング向けマザーボード発売 最大19枚のグラフィックカード

2017年12月12日 11:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ASUSがPCI Expressスロットを19基搭載したマザーボード「B250 MINING EXPERT」を発売した。その名前に「MINING」と入っていることから分かるように、仮想通貨の採掘(マイニング)に向けたマザーボードだという(AKIBA PC Hotline!)。

 フォームファクタはATXで、最大19枚のグラフィックカードを搭載できるという。ただしPCI Express x16対応スロットは1つだけで、ほかはすべてPCI Express x1のみの対応だという。また、AMD製GPUは最大11、NVIDIA製GPUは最大8枚までしか同時に搭載できず、19個のスロットすべてにグラフィックカードを接続したい場合は複数メーカーのGPUを混在させる必要があるとのこと。

 また、PCI Express x1については3つのコネクタが1列に並んでいる(1スロット分のスペースに3つのコネクタが配置されている)ため、ライザーケーブルを利用する必要もあるとのこと。BIOSもマイニング用にカスタマイズされているようだ。搭載チップセットはIntel B250で、対応CPUは第6/7世代のCoreシリーズプロセッサ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
ビットコインの採掘に必要な電力が問題に、「環境に優しい仮想通貨」も生まれる 2017年11月23日
中国、ビットコイン採掘企業に対する電力供給を制限? 2017年11月21日
AMDの新GPU「Radeon RX Vega 64」、仮想通貨業界からも注目される 2017年08月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntelASUSNVIDIA仮想通貨MINI

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース