【話題】師走相場の中でディー・ディー・エスがストップ高、指紋検索・対面認証など脚光

2017年12月8日 10:08

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■材料株物色が活発化する季節に注目材料が相次ぎ値幅妙味を強める

 指紋認証技術などのディー・ディー・エス<3782>(東マ)は8日、再び急伸し、取引開始後に一時ストップ高の696円(100円高)まで上げて戻り高値を更新した。7日付で、スマートフォンなどのオンラインによる対面認証サービス「どこでも本人確認」のサービス開始を発表。材料視されている。

 発表によると、ネット上で取引口座を開設し物品を購入したりする際、現在は口座開設希望者に対して転送不要郵便を送付して証明書類による本人確認などを行うなどの方式が採られ、ネット上では本人登録の手続きが完了せず、わずらわしさや郵送費用などのコストが大きな負担となっている。このたび開始した「どこでも本人確認」は、手続きをスピーディーに安全かつ快適に行う遠隔地間の効率的な本人確認サービスとなる。

 同社は12月5日付でAI(人工知能)技術を用いた指紋検索エンジンの開発を発表した。株価は翌6日にストップ高となり、以後、値動きに弾みがついている。注目材料の発表が相次ぎ、材料株物色が強まる「師走相場」の真っただ中で値幅妙味が強まってきた形だ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】セガサミーHDは続落も今期1Q高進捗率業績見直しに新作ゲーム発売の先取りがオンして押し目買い余地(2017/09/05)
【株式評論家の視点】リコーリースは大規模修繕・改善等の「団地再生ローン」開始が注目(2017/09/05)
【注目銘柄】ナトコは好業績評価して上値試す、17年10月期3Q累計大幅増益で通期増額の可能性(2017/09/13)
【編集長の視点】アグロ カネショウは反落も連続最高純益を手掛かりに割安修正買いが再燃して上値追い有力(2017/09/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース