トヨタ、手のひらサイズのロボット「KIROBO mini」を全国で店頭販売

2017年11月28日 20:23

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

「KIROBO mini」、全国のトヨタ・ディーラーでの販売。価格は3万9800円(消費税別)、オプションのキャリアケースが5950円(同)だ。若いファミリー層のディーラーへの来店促進策か?

「KIROBO mini」、全国のトヨタ・ディーラーでの販売。価格は3万9800円(消費税別)、オプションのキャリアケースが5950円(同)だ。若いファミリー層のディーラーへの来店促進策か?[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車が、コンパクトなサイズで常にヒトに寄り添うコミュニケーションパートナー「KIROBO mini」(キロボ・ミニ)を全国のトヨタ車両販売店を通じて発売した。

【5月に発売】トヨタが手のひらサイズの小型ロボット「KIROBO mini」を発売

 キャッチコピーは、「いつも寄り添い、心を通わせるコミュニケーションパートナー“KIROBO mini”全国発売──本日より、トヨタ車両販売店にて注文受付を開始──」である。

 「KIROBO mini」は、人とのコミュニケーションを通じて思い出や好みを覚え、その人に合わせて変化・成長する、「いつも一緒」を可能にしたコミュニケーションロボットだ。座高は10cmの手のひらサイズで、話しかけた人の方向に顔を向け、顔や手などを動かしながら会話をするコミュニケーションパートナーだ。出かける時にも、専用のキャリアケースに入れて一緒に連れて行くこともできる。

 トヨタは、「KIROBO mini」を2017年5月に、東京都ならびに愛知県の一部販売店で先行販売を開始した。「KIROBO mini」のような存在とのコミュニケーションを望んでいる人、ファンシーグッズ・ファンや新しいもの好きな人など、それぞれのかたちで「KIROBO mini」と一緒に過ごしている。今回、新たにクルマや家から取得する情報を踏まえた会話が可能としたこともポイントだ。

 つまり、成長しながらコネクティッドカーの情報に応じた会話ができるようになり、トヨタホームのHEMSと連動した情報に応じた会話が可能となる。

 また、「KIROBO mini」のオーナー同士が、一緒に過ごす日常での驚きや感動などを共有できることも「KIROBO mini」の魅力のひとつだという。エピソードを共有し、新しい魅力を発見できる交流の場として、公式コミュニティサイト「KIROBO mini Friend Park」を提供し、好評だとしている。

 「KIROBO mini」の本体価格は、3万9800円(消費税別)、オプションのキャリアケースが5950円(同)だ。注文方法は、2017年5月に開始した先行販売(WEB注文)とは異なり、トヨタ車両販売店の店頭での注文となる。販売は、トヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店で行なう。

 この「KIROBO mini」、ディーラーでの販売。これで各販売店がどれほど潤うのか、というよりも、若いファミリー層の来店促進策としてみると分かりやすいか?(編集担当:吉田恒)

■関連記事
京都の電子部品関連4社の中間決算は好調。通期業績の上方修正が相次ぐ
過半数以上のビジネスパーソンはAIによる自動化を好意的に受け止めている
オムロン、リオ五輪のメダリスト、水谷隼選手とラリーが出来る卓球ロボット披露
前回より、日本最大CPS/IoT総合展示会を標榜する転換を図ったCEATEC
人工知能の未来とその影響とは

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車ロボットキロボ(KIROBO)トヨタホーム

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース