「ドラゴンボールZ」スマホゲーム、「ガチャ」提供割合に違いか

2017年11月16日 22:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 人気アニメ「ドラゴンボールZ」のキャラクターを使ったスマートフォン向けゲーム「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」で、いわゆる「ガチャ」で入手できるキャラクターの提供割合がプレイヤーごとに異なっている疑惑が出ている(ITmedia市況かぶ全力2階建日経新聞)。

 この疑惑は、ゲーム内での「出現キャラクター一覧」画面での表示がアカウントごとに異なるという指摘で発生した。それぞれ異なる表示となってる画面キャプチャー画像も出回っている。

 ドラゴンボールZ ドッカンバトルはバンダイナムコエンターテインメントが提供、開発はアカツキとなっている。バンダイナムコエンターテインメント側は「プログラムの不具合が原因」とし、誤表示だとしている。

 また、11月16日12時55分付けで同問題に関する説明が発表された。これによると、キャッシュ関連の処理での不具合が原因で表示が不適当なものになっていただけだという。

 スラドのコメントを読む | ゲーム

 関連ストーリー:
スマートフォンゲームは「無間地獄」? 2017年08月24日
画像認識を使ってスマホゲームの「ガチャ」をテストするツール 2017年07月21日
消費者庁、ガンホーとグリーに対し不適切な広告表示などがあったとして措置命令を出す 2017年07月20日
中国OURPALMが運営するKOFスマホゲームでガチャ確率表記や会社表記での問題が指摘される 2017年03月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドラゴンボールドラゴンボールZバンダイナムコエンターテインメント

広告