【業績でみる株価】ハピネットは戻り歩調、18年3月期2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期も2桁増益予想

2017年11月16日 11:26

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 ハピネット<7522>(東1)は、玩具事業を主力として、映像音楽事業、ビデオゲーム事業、アミューズメント事業も展開している。18年3月期第2四半期累計は計画超の大幅増益だった。通期も2桁増益予想である。株価は戻り歩調だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

■玩具事業を主力に映像音楽やビデオゲームも展開

 玩具事業を主力として、映像音楽事業、ビデオゲーム事業、アミューズメント事業も展開している。

■18年6月期2Q累計は計画超の大幅増収増益、通期も2桁増益予想

 11月10日発表した18年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結業績は、売上高が前年同期比17.1%増の848億27百万円で、営業利益が2.1倍の17億61百万円、経常利益が2.2倍の16億40百万円、純利益が3.2倍の10億44百万円だった。ビデオゲーム事業の好調が牽引し、9月25日の増額修正値を上回る大幅増収増益だった。

 玩具事業は1.2%減収だったが、販管費減少で16.0%増益だった。映像音楽事業は映画「君の名は」などのパッケージの好調で14.6%増収、2.1倍増益だった。ビデオゲーム事業は任天堂のスイッチ本関連ソフトなどの好調で73.8%増収となり、利益は大幅に黒字化した。アミューズメント事業はカプセル玩具が好調だが、カードゲーム商材が低調で2.1%減収だった。ただし利益はロケーション見直しなどで18.5%増益だった。

 通期の連結業績予想は、売上高が17年3月期比3.4%増の1800億円、営業利益が13.6%増の42億円、経常利益が14.9%増の40億円、そして純利益が22.5%増の25億円としている。

 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が47.1%、営業利益が41.9%、経常利益が41.0%、純利益が41.8%である。やや低水準の形だが、クリスマス・年末年始商戦が最大の需要期となり、下期の構成比が高い季節要因を考慮すれば高水準と言えるだろう。

■株価は戻り歩調、好業績を評価して上値試す

 株価は戻り歩調だ。9月13日の直近安値1662円から切り返して11月14日には2119円まで上伸した。そして6月の年初来高値2234円に接近している。11月15日の終値は2009円、今期予想連結PERは18倍近辺、時価総額は約483億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線に続いて26週移動平均線を回復した。基調転換を確認した形だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。(MM)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を10月25日(水)、東洋経済新報社9階ホールで開催!
【注目銘柄】ロック・フィールドは日柄調整完了して上値試す、18年4月期増収増益予想で8月既存店売上も好調(2017/09/13)
【編集長の視点】パイプドHDは今期2Q決算発表を前に1Qの2ケタ増収益・高利益進捗率業績を見直して急反発(2017/09/13)
【株式評論家の視点】ラクオリア創薬のピラゾロピリジン誘導体は日本でも特許査定受ける、需給悪化懸念は後退(2017/09/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「注目銘柄」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース