東芝、売却する半導体事業好調で過去最高の営業利益

2017年11月11日 12:11

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 東芝が9日に発表した2017年4~9月期の連結決算はフラッシュメモリ事業の好調により過去最高の営業利益を達成したそうだ(NHK日経新聞)。

 営業黒字だった部門の稼ぎの82%は売却される東芝メモリによるものだったとのこと。売却といっても完全に資本関係がなくなるわけではないが、少なくともその利益の一部分は売却先の海外企業などに流れるわけで、売却という選択が東芝にとっても日本にとっても良かったのか改めて疑問に思うところである。

 スラドのコメントを読む | ビジネス

 関連ストーリー:
東芝「サザエさん」スポンサーを降板 2017年11月01日
東証による東芝株の「特設注意市場銘柄」指定が解除される 2017年10月13日
証券取引等監視委員会、東芝の米原発事業の巨額損失について調査を検討と産経新聞が報じる 2017年10月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東芝半導体東芝メモリ

関連記事