民進・前原氏と希望・小池氏が会談、首班指名候補を早急に示す

2017年10月6日 11:12

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党の前原誠司代表と希望の党の小池百合子代表(都知事)は5日、衆議院議員選挙が政権選択選挙であることから、だれを首班指名するのかを早急に決め、国民に示す必要があるという認識を共有した。

【こちらも】希望公認192人、民進出身者は過去の言動との矛盾も

 会談後の会見で、小池代表は「今回の選挙戦で民進党にいた議員の皆さんと政策を共有し、ともに戦っていこうということを確認した。そして私どもの政策をしっかりと全国津々浦々で伝えていこうということを確認した」と語った。

 また、小池代表は「前原代表から私自身が出馬をという申し出を頂いたけれども、総選挙への出馬はございませんということを改めて伝えた」とした。また「安倍政権に対峙して選挙を戦っていきたい」と述べた。

 しかし、これまでのマスコミ取材に、安倍氏が下野した時、自民党との連携があるのか、とのマスコミの問いかけに、小池代表はこれを否定していない。憲法改正、安保法制への姿勢では自民党と同方向とみられる。

 一方、前原代表は「最大のポイントは安倍政権を倒すことだ」とした。また「2大政党をつくりたいと思う」と述べた。ただ前原代表の描く2大政党は保守2大政党であることが明らかになっている。

 前原代表は、希望の党が民進党側の公認申請者に示した「政策協定書」の中身について、「小池代表と何度も議論を重ねてきた中で、我々の考え方を踏まえてできたものだ」と語った。政策協定書の中には、明らかに民進党が取り組んできたものと異なる条項がみられており、整合性に難のある説明となった。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
「希望の党は第2自民党」福島氏
希望は自民連携に含み、立憲の候補50人超か
希望は自民連携に含み、立憲の候補50人超か
選挙での国民の関心は政策の実行方法だ 菅長官
民進元幹事長代理、希望から出馬に複雑な思い

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード都知事自民党民進党安保法制憲法改正前原誠司選挙小池百合子希望の党