eMMCフラッシュメモリ、「電線の直結」で外部から容易にアクセス可能

2017年10月4日 07:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 最近多くの電子機器で使われているeMMC(embedded Multi Media Card)はMMCとほぼ同じインターフェイスが採用されているため、端子に導線を直接ハンダ付けして一般的なSDカードリーダと接続することで、外部から簡単に格納されているデータにアクセスできるという。これによって、電子機器の内部データにアクセスしたり、ファームウェアの脆弱性を分析するといったことが容易にできるという。また、ファームウェアを書き換えて予期しない動作を行わせることもできるようだ(WIRED)。

 実際、ハッカー集団「Exploitee.rs」らが、セキュリティ関連のイベント「Black Hat」や「DEF CON」でこのこの手法を使って発見したさまざまな脆弱性を報告したとのこと。eMMC以外のフラッシュメモリでも直接端子に電気的にアクセスしてデータを読み出すことは可能だが、eMMCの場合プロトコルや接続に使用する端子が少ないことから特にアクセスが容易なのだそうだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
AT&TのISP向けモデムに深刻な脆弱性が発見される 2017年09月07日
ペースメーカーの脆弱性を修正するファームウェア更新が提供される 2017年09月03日
自宅に設置したネットワークカメラがサイバー攻撃されて乗っ取られるトラブルが発生? 2017年08月15日
サムスン、「世界最速」の組み込み向けフラッシュメモリを開発 2013年07月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性セキュリティハッカーファームウェア

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース