女優として活躍が続く浅川梨奈、10月には連ドラにも出演!

2017年10月2日 22:14

小

中

大

印刷

■アイドルとして活躍する浅川梨奈がついに連ドラ出演!

 「1000年に一度の童顔巨乳」と称され、各雑誌のグラビアに引っ張りだこ状態の浅川梨奈。2017年には映画出演の本数も増加しており、10月にはついに連続ドラマデビューすることが決まった。

【こちらも】浅川梨奈が『スピリッツ』に初登場、『マガジン』系列がプッシュのグラドルと奇跡のショット

■浅川梨奈が出演するドラマ「さくらの親子丼」

 「サクラの親子丼」はフジテレビ系列で2017年10月7日の23時40分からスタートするドラマ。主人公の九十九さくらは真矢みきが務め、それ以外にも本仮屋ユイカや吉本実憂など深夜帯とは思えないキャストがそろっている。

 舞台は東京の大田区にある古本屋「九十九堂」だ。漫画が多めの本屋には様々な人が訪れるが、店のオーナーである九十九さくらは店の奥に「たまりば」と呼ばれる一室を設けている。そこには何らかの事情で社会に馴染めない人が訪れ、決まってさくらは親子丼を出す。

 さくらは誰であろうと無料で親子丼を提供し、訪れた理由を詮索したりは絶対にしない。静かに親子丼を食べた人は、閉ざしていた心を少しずつ開きポツリポツリとさくらに事情を説明していく。社会で一人だと思っていた人たちがさくらを通し、孤独でないことを実感して徐々に再起していくドラマになっているようだ。

 九十九堂のたまり場にやってくるのは、現代において孤独にさらされているような人たちが中心になっているようだ。シングルマザーや摂食障害に悩む女性教諭、少年院を出所した少年、自閉症の男性などが現在の情報では明らかになっている。真矢みきといえば宝塚歌劇団出身のベテラン女優。彼女が社会に馴染めない人たちを前に、どのような振る舞いを見せるのか気になるところだ。

 浅川梨奈は、シングルマザー役を担当。まだ高校生の彼女だが、ドラマでは、若くしてシングルマザーとなった姿をどのように表現してくるのか期待したい。

■2017年は映画2本にも出演!

 2016年まではグラビアでの活躍が目立った浅川梨奈だったが、2017年は女優として多くの活躍が見られる。

 7月に公開された人気シリーズの第6作目となる映画「人狼ゲーム マッドランド」では主演を務め、10月公開予定の漫画原作の実写映画「恋と嘘」でも主要キャラとして出演している。

 浅川本人も女優として今後は活動したい思いが強いらしく、着実にそのステップを駆け上がっているように感じる。「人狼ゲーム」シリーズは女優アイドルの登竜門的存在で、これまで出演したきた桜庭ななみ・土屋太鳳もそれぞれ女優として活躍している。浅川もこの調子でいけば、ブレイクする可能性を十分に秘めているだろう。(記事:藤田竜一・記事一覧を見る

関連キーワードフジテレビ恋と嘘土屋太鳳浅川梨奈吉本実憂

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース