独アウディ、ワークスチームで参戦する次期「フォーミュラE体制」発表

2017年10月2日 07:22

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

2017年12月2日に香港で開催となるフォーミュラEシーズンの初戦でデビューを飾る予定のアウディの新型フォーミュラEマシン「Audi e-tron FE04」

2017年12月2日に香港で開催となるフォーミュラEシーズンの初戦でデビューを飾る予定のアウディの新型フォーミュラEマシン「Audi e-tron FE04」[写真拡大]

写真の拡大

 独アウディは先般、フォーミュラEのチーム体制を発表した。2017年〜2018年のフォーミュラE に、アウディは、グループとして初めて電気自動車によるレースにワークス体制で臨む。

【こちらも】3シーズン目を終えて見えてきた「フォーミュラE」の美味しい“果実”

 アウディは、約40年間にわたって、FIA(国際自動車連盟/Fédération Internationale de l’Automobile)が主催するWRC(世界ラリー選手権)やWEC(世界耐久選手権)などの世界最高峰のモータースポーツで成功を収めてきた自動車メーカーだ。

 今回アウディは、EVの市販モデルにテクニカルな情報をフィードバックするため、新しいテクノロジーの開発を推進し、テストするために、ドイツの自動車メーカーとしては初めてフォーミュラEに参戦すると正式にコメントした。

 同時に公開したフォーミュラEマシン「Audi e-tron FE04」は、伝統的な自動車メーカー「AUDI」がフォーミュラE参戦によって、未来を見据えたモビリティプロバイダーへ変革を遂げるという取り組みを示すものだ。

 アウディは、先日のフランクフルトモーターショー(IAA)において、電気自動車とプラグインハイブリッドを含め、2025年までに20以上の電動化モデルを発売することを発表した。

 フォーミュラEにおいて、アウディとチームは、パワートレーン(モーター)、トランスミッション、サスペンションのパーツ類及び関連するソフトウェアの開発を進める。

 Audi e-tron FE04の中核となるテクノロジーは、モーターとトランスミッションの組み合わせにある。フォーミュラEに参戦する「Team Audi Sport ABT Schaeffler」(チーム・アウディ・スポーツ・アプト・シェフラー)は、シングルギヤ(1速ギヤのみ)を備えた非常に効率的なトランスミッションを2017〜2018シーズンに採用する予定だという。

 ホワイト、メタリックグリーン、ブラックを基調とする先進的なカラーリングのマシン「Audi e-tron FE04」は、一目しただけで、2017年7月にルーカス・ディ グラッシ選手がフォーミュラEのタイトルを獲得したマシンと、まったく異なっていることが分かる。

 ディ グラッシのチームメイトは、若手で24歳のダニエル・アプト選手だ。アプト選手は、アウディとファクトリードライバー契約を締結。アプトがドライブするマシンは、カーナンバー「66」となる。

 ディ グラッシとアプトの両ドライバーは、フォーミュラEが初開催された年から、共にシリーズを戦ってきた。これまで33レースに参戦した彼らは、合計24回の表彰台、6回の優勝と4回のポールポジションを獲得。次シーズンもこのふたりが共に4年目のフォーミュラEを戦う。

 Audi e-tron FE04は、2017年12月2日に香港で開催となるフォーミュラEシーズンの初戦でデビューを飾る。10月2日・3日には、スペインのバレンシアで、唯一の公式テストとなる、フォーミュラEプレシーズンテストが実施され、このテストに、ディ グラッシとアプトの両ドライバーが参加する予定だという。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
EVバブルに踊らない。内燃機関は死せず、新環境技術で存続させる
電気自動車を巡る話題は国際的に“花ざかり” だが、コトはそれほど簡単ではない
3シーズン目を終えて見えてきた「フォーミュラE」の美味しい“果実”
最先端エレクトロニクスとの融合、自動車の可能性が一堂に
AUDI、2016年をもってWECから撤退、その理由と18年間の参戦の意味

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車ドイツプラグインハイブリッドAudiフォーミュラE世界ラリー選手権

広告