北朝鮮、「火星12」の戦力化実現と主張

2017年9月17日 16:36

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 韓国・聯合ニュースは16日、北朝鮮の朝鮮中央通信が同日、15日の弾道ミサイル発射について、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が中距離弾道ミサイル「火星12」の発射訓練を現地指導したと報じ、金委員長が「戦力化が実現した、と述べた」とミサイルの戦力化に成功したことを伝えたとした。

【こちらも】北朝鮮、国連の制裁強化に備えビットコインとハッキング活用か

 それによると、朝鮮中央通信は「ミサイルが予定された通りに北海道上空を通過し、太平洋上に設定された目標水域に正確に着弾した、と伝えた」としている。

 ミサイルは平壌の順安付近から発射され、最高高度770キロ、北海道上空を飛翔し、発射地点から3700キロのところ、襟裳岬東2200キロの太平洋上に着水した。

 金委員長は「われわれの最終目標は、米国との実質的な力の均衡を達成することで、米国の執権者の口から、わが国に対する軍事的な選択だ、何だのというざれ言が出ないようにすることだ」と米国と対等に渡り合える『力の均衡』を実現することにあることを示したという。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
外務省 日韓首脳電話会談概要で人道支援触れず
国際社会に一致団結しての対応訴える 総理
政府、ミサイル「日本領域に侵入」と当初誤発表
制裁決議完全履行の必要、改めて明らかにと総理
政治と人道支援は別との判断に必要な世界の理解

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北海道アメリカ韓国北朝鮮弾道ミサイル金正恩

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース