芥川賞作家・柴崎友香原作映画『寝ても覚めても』主演は東出昌大

2017年9月15日 11:22

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 芥川賞作家・柴崎友香による恋愛小説を映画化『寝ても覚めても』が2018年に公開される。ミステリアスな自由人・麦(バク)と、心優しくそして誠実なサラリーマン亮平という、同じ顔をした二人の男と、その間で揺れ動く朝子の8年間を描く。

■主演・東出昌大&ヒロイン・唐田えりか

 東出昌大は、運命的な恋に落ちながら姿を消す”麦”と、その2年後に朝子と出会う亮平の1人2役。ヒロイン朝子を演じるのは女優、モデルとして活躍する唐田えり。オーディションで抜擢された。そのほか、亮平の会社の後輩でクールな串橋を、映画『ナラタージュ』などに出演する瀬戸康史が演じる。

■濱口竜介監督

 監督を務めるのは『The Depths』『ハッピーアワー』『なみのおと』などをてがけてきた濱口竜介。『寝ても覚めても』を撮り終えて次のように話している。「”この人たちしかいない”と思える、とても素晴らしいキャストが集まった現場。役者さんたちの間に生まれた信頼関係が、お互いの魅力を引き出してくれたと思います。何より、東出さんの存在があったからこそ、ヒロインの唐田さんの輝きが増しました。自分の眼の前で、カメラの前で、とても素晴らしいことがたくさん起きた撮影でした。」

■『寝ても覚めても』あらすじ

 大阪に住む21歳の朝子は、青年・麦(バク)と運命的な恋に落ちる。しかし、彼はある日、忽然と彼女の前から姿を消してしまう。それから2年後、東京に引っ越した朝子は、麦にそっくりな顔をした男・亮平と出会う。麦のことを忘れられない朝子は亮平を避けようとするが、そんな朝子に亮平は好意を抱く。戸惑いながら、朝子も亮平に惹かれていくが―。麦と亮平―同じ顔をした、過去の"恋"と現在の"愛"が朝子の心を揺らしていく。

■作品情報

 『寝ても覚めても』原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)監督:濱口竜介出演:東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子製作:『寝ても覚めても』製作委員会配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードナラタージュ東出昌大伊藤沙莉寝ても覚めても

関連記事

広告

財経アクセスランキング