Pepperに3Dプリンタで出力した故人の顔のお面 動作や音声を再生

2017年8月24日 16:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 ソフトバンクのロボット「Pepper」に故人の顔を3Dプリンタで印刷したお面を被せ、その人の音声を再生させたり動きを真似させる「デジタルシャーマン・プロジェクト」なる活動が行われているそうだ(AFP)。

 お面をかぶったペッパーは故人が憑依したかのように動き、また49日間(仏教で死者があの世に旅立つまでの期間である「49日」の間)が経過するとお別れのメッセージとともに終了するそうで、これは近親者を無くした人達の喪失感を「癒やす」ことを目的としているという。

 スラドのコメントを読む | ロボット

 関連ストーリー:
「恥ずかしいデジタル遺品」を隠しきるには 2017年02月21日
三波春夫の歌声を再現するボイスデータが無料公開される 2016年10月28日
任意の位置にメッセージや写真などを登録できるARサービスが登場 2016年08月16日
Amazon.co.jpで僧侶を手配できる「お坊さん便」 2015年12月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクペッパー(Pepper)ロボット

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Z H2 SE(画像: カワサキモータースジャパン発表資料より)
  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース