FPS「レインボーシックス シージ」国際大会、日本チームは優勝しても賞金受け取れず

2017年8月3日 20:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 UBISOFTの人気FPSゲーム「レインボーシックス シージ」のアジア太平洋地域向けプロリーグが開催されることになったのだが、UBISOFTによると、もし日本チームがこのリーグで優勝した場合、「日本の法律の都合上」賞金を受け取ることはできないという(UBISOFTの発表)。

 ITmediaによる取材記事によると、日本の景品表示法に抵触する可能性があることが理由とされている。ただ、これについてはさまざまな見解があり、実際に日本人に賞金を出した場合にどうなるかは分からない状況のようだ。

 「企業法務マンサバイバル」ブログによると、ゲーム大会において賞金を出すことは、景品表示法だけでなく下記の法律についても考慮して慎重に検討することが必要となるという。

 刑法(賭博罪などに当たる可能性がある) 
 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(会場によっては風俗営業と見なされる可能性がある) 
 著作権法(メーカーに無断でゲームを利用する場合権利侵害となる可能性がある) 
 民法(ゲームの利用規約に違反した場合賠償責任が発生する可能性がある) 
 出入国管理及び難民認定法(海外プレイヤーに参加してもらう場合興行の在留資格が必要となる)

 スラドのコメントを読む | ゲーム

 関連ストーリー:
NFLやNBAのような伝統的なプロスポーツ、20年後はeスポーツに収益で追い抜かれるかも 2017年06月07日
消費者庁、eスポーツの賞金制大会について景表法の規制対象と回答 2016年09月14日
「eスポーツ」プロ化の障害となるビザ問題 2016年05月12日
韓国、「StarCraft 2」の大会で八百長が発覚、9人が違法賭博で逮捕 2015年10月24日
アジア室内競技大会のEスポーツ種目、アジア大会にてPR 2006年12月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権

関連記事

広告