愛知県の農協、5年間で横領などの不祥事が17件 情報公開請求で判明

2017年7月18日 20:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 愛知県の農業協同組合(JA)で、職員による顧客の金の横領などが2012年度から2016年度にかけて合計17件も発生していたことが、愛知県への情報公開請求で判明したという(朝日新聞)。

 愛知県に対し、県内20のJAから県に提出された「不詳事件届け出書」を情報公開請求して入手、集計したところ、件数は17県、被害額は3億9,900万円超だったそうだ。顧客の積立金や共済掛け金を着服する「業務上横領」が11件、計1億6762万円。また、1件は「業務上横領と詐欺、窃盗」で被害額は2億273万円だった。

 うち6件は新聞で報道されているが、残りは公表されていなかった。また、JA側は「JA側の社会的信用が失われる恐れがある」としており、個別のJA名や動機なども開示されていないという。

 愛知県では、今年3月にもJA愛知西の職員が架空発注で計570万円を横領した事件が発生している。

 スラドのコメントを読む | 犯罪 | 政府

 関連ストーリー:
JA京都関連の米卸による産地偽装疑惑 、農水省の調査では嫌疑無しという結果に 2017年06月29日
JA京都関連の米卸が販売する米に産地偽装疑惑 2017年02月13日
そうま農協職員、Winnyで個人情報流出か? 2005年05月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード愛知県

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース