ひとり用の小さなテント、どこでもいつでもプライベート空間

2017年7月15日 18:42

小

中

大

印刷

「PausePod Relaxation Space」(DISCOVERの発表資料より)

「PausePod Relaxation Space」(DISCOVERの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • テントの利用イメージ
  • 持ち運びイメージ

 これからは部屋を持ち運ぶ時代へ。自宅はもちろん、職場、大自然の中……どこでも個室空間にチェンジ!動画ショッピングサイト「DISCOVER」を運営するディスカバーがどこでもリラックススペースを確保できる小さなテント「PausePod Relaxation Space」(以下:ポーズポッド)をクラウドファンディングとして発売開始した。

【こちらも】超小型EVコミューター、ベンチャー企業「rimOnO」がプロトを公開

 ポーズポッドの抑えておきたいポイントは全部で6つある。その1、数秒でテントは完成。組み立てはもちろん、片付けがとっても簡単。その2、遮光素材で作られており、約99%の光を遮断。外がどんなに明るくても理想の昼寝空間が出現。その3、戦略的に配置された3つの通気口とメッシュドアは、快適な換気を確保。その4、コード取出口から、デバイス充電も可能。その5、ポーズポッドの天井に取り付け電源を入れると、満点の星空を映写。その6、取り付け可能な読書灯、屋外での使用のためのステークが付属。

 日本通常販売価格は3万6,800円(税・送料込)。クラウドファンディングでは1万6,800円から販売をしている。

 これ一つあれば、完全個室が出現! 狭い自宅でプライベート空間が欲しい、考えごとは一人でしたい、職場で仮眠を取りたいなど、使い方・活用法はあなた次第だ!(記事:久保圭大郎・記事一覧を見る

関連キーワードクラウドファンディング

広告

写真で見るニュース

  • 案内ロボット「ゴーカンナ君」(画像: アキュラホーム発表資料より)
  • トヨタ・ハイランダー(画像: 米国トヨタの発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース