防衛大臣に菅官房長官が注意 しっかり説明を

2017年6月29日 08:50

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 菅義偉官房長官は28日の記者会見で、都議選自民党候補者応援の際に「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」などと語り、後に発言を撤回した稲田朋美防衛大臣に対して「誤解を招くような発言は注意するようにと注意した」と述べた。

 菅官房長官は「稲田大臣は練馬駐屯地など自衛隊を受け入れている地元に感謝する趣旨で演説を行ったと昨夜の記者会見で説明している。また誤解を招きかねない発言だったとして、発言を撤回し、謝罪した。政府の機関は政治的に中立であって、特定の候補者を応援することはあり得ない、と述べた。大臣には(発言した主旨に)しっかり説明責任を果たし、今後とも誠実に職務にあたって頂きたい」と語り、防衛大臣を続投させる政府としての考えを示した。

 菅官房長官は、今回の稲田大臣の発言は大臣の進退に関係ないということか、との記者団の問いに「そうです」と述べた。

 また、菅官房長官は同日午後の記者会見でも、野党から辞任や大臣の罷免を求める動きに対して「(発言の趣旨について)しっかり説明責任を果たし、誠実に職務にあたって頂きたいと考えている」と語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
ASEAN全加盟国の士官に国際法セミナー実施
防衛費をGDPと機械的に結び付けは適当でない
北部ヘリパッド月内運用「通知事実ない」防相
嘉手納でパラシュート訓練止めるよう防相申入れ
対北ミサイル 全国でPAC-3の機動展開訓練

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省自衛隊稲田朋美自民党菅義偉官房長官

関連記事