モデルのイクミ手掛ける「IKUMI」ラフォーレ原宿でランウェイショー

2017年6月28日 11:05

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 モデルのイクミが手掛ける「イクミ(IKUMI)」が、”白と黒”をテーマにしたスペシャルショーを2017年6月24日(土)東京・ラフォーレ原宿にて発表した。

 ランウェイに登場したのは、2017年春夏コレクションとブランドのアイコンモデル。テーマに合わせて、”白と黒”のアイテムのみで構成され、白のワントーンルックが登場すると、全く同じアイテム・同じコーディネートの黒のワントーンルックが現れる。

 基軸となるのは、イクミのキーワードである「オーバーサイズ」を意識したセットアップ。開襟シャツやTシャツ、ブルゾンなどのトップスは、どれも肩の落ちたドロップドショルダーで、身幅もたっぷり。そこにゆったりとしたワイドパンツを組み合わせ、ボリュームシルエットを完成させている。

 色彩が抑えられた世界に、表情を与えるのはダメージ加工やユニークな模様。パンツは、かじられたかのような穴が、太もも、ふくらはぎ、ヒップの辺りまでランダムに開いている。書のような筆文字や春画のモチーフといった和の要素も、刺激的なデコレーションとして力を発揮。

 ショーのヒロインとなったのは、「サスペンダー」と書かれたサスペンダー、「ガチャベルト」と書かれたベルトなどの遊び心あふれるアイテム。イクミにしてはコンパクトなサイジングのTシャツの上には「ピチティー」というワードが輝いている。

 フィナーレは、デザイナーのイクミの登場と共に。これまで対峙させてきたホワイトとブラックを一つのピースの中で融合させ、パッチワークシャツとロングスカートを披露。メンズモデルが着ていた開襟シャツを自ら纏い、ブランドのもう一つのキーワードである「ユニセックス」を表現していた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2017年春夏コレクションラフォーレ原宿イクミ(IKUMI)

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース