モデルのイクミ手掛ける「IKUMI」ラフォーレ原宿でランウェイショー

2017年6月28日 11:05

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 モデルのイクミが手掛ける「イクミ(IKUMI)」が、”白と黒”をテーマにしたスペシャルショーを2017年6月24日(土)東京・ラフォーレ原宿にて発表した。

 ランウェイに登場したのは、2017年春夏コレクションとブランドのアイコンモデル。テーマに合わせて、”白と黒”のアイテムのみで構成され、白のワントーンルックが登場すると、全く同じアイテム・同じコーディネートの黒のワントーンルックが現れる。

 基軸となるのは、イクミのキーワードである「オーバーサイズ」を意識したセットアップ。開襟シャツやTシャツ、ブルゾンなどのトップスは、どれも肩の落ちたドロップドショルダーで、身幅もたっぷり。そこにゆったりとしたワイドパンツを組み合わせ、ボリュームシルエットを完成させている。

 色彩が抑えられた世界に、表情を与えるのはダメージ加工やユニークな模様。パンツは、かじられたかのような穴が、太もも、ふくらはぎ、ヒップの辺りまでランダムに開いている。書のような筆文字や春画のモチーフといった和の要素も、刺激的なデコレーションとして力を発揮。

 ショーのヒロインとなったのは、「サスペンダー」と書かれたサスペンダー、「ガチャベルト」と書かれたベルトなどの遊び心あふれるアイテム。イクミにしてはコンパクトなサイジングのTシャツの上には「ピチティー」というワードが輝いている。

 フィナーレは、デザイナーのイクミの登場と共に。これまで対峙させてきたホワイトとブラックを一つのピースの中で融合させ、パッチワークシャツとロングスカートを披露。メンズモデルが着ていた開襟シャツを自ら纏い、ブランドのもう一つのキーワードである「ユニセックス」を表現していた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2017年春夏コレクションラフォーレ原宿イクミ(IKUMI)

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース