SUBARU、「レヴォーグ」「WRX S4」大幅改良のティーザーキャンペーン開始

2017年6月6日 07:14

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

この夏、大規模なマイナーチェンジを受けるSUBARU「レヴォーグ」「WRX S4」、写真は同社が公開した「WRX S4」で、精悍さを増したエクステリアとなった

この夏、大規模なマイナーチェンジを受けるSUBARU「レヴォーグ」「WRX S4」、写真は同社が公開した「WRX S4」で、精悍さを増したエクステリアとなった[写真拡大]

写真の拡大

 SUBARUは、個性派ステーションワゴンの「レヴォーグ」と、スポーツセダンの「WRX S4」を大幅改良し、この夏に発表する、としたティーザーキャンペーンを開始した。

 大幅なマイナーチェンジを実施する新型「レヴォーグ」「WRX S4」には、運転負荷の大幅軽減や事故低減に貢献する先進安全技術として、大きく進化したアイサイトを搭載し、これまで培ってきた総合安全性能を大幅にアップデートする。

 さらに、内外装の質感向上や走行性能の進化を実現し、両モデルの持つ個性を徹底的に磨き上げたという。

 SUBARUオフィシャルウェブサイトでは、新型「レヴォーグ」「WRX S4」の専用サイトを開設し、今後、新型「レヴォーグ」「WRX S4」の情報などを配信し、6月下旬には進化したアイサイトのムービーコンテンツを公開する予定だとする。

 また、SUBARU正規販売店では発表に先駆けて、新型「レヴォーグ」「WRX S4」の先行予約受付を開始している。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
SUBARU「WRX STI」大幅改良モデルを発表、タイヤは遂に19インチに
シートベルトリマインダーの全座席装備が義務化
富士重の運転支援システム「アイサイト」搭載モデルの国内累計販売50万台突破
富士重、ジュネーブショーにおいてコンパクトSUV新型「SUBARU XV」を世界初公開
自動車メーカー3社が相次ぎリコール 対象は30万台近く

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスバルレヴォーグWRX S4

広告