三菱電機、高速・高精度で無線電波強度のシミュレーション行う技術開発

2017年5月30日 07:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 三菱電機が、新たな無線電波強度のシミュレーション技術を開発したと発表した(三菱電機ASCII.jp)。

 新たに開発された手法では、航空写真などからシミュレーション対象とする空間の3次元モデルを構築することで実環境に近い条件でシミュレーションを行えるのが特徴。さらに計算時間も従来の100分の1と高速で、精度も高いという。

 この技術はトンネル内の基地局配置や、オフィス内の無線LANアクセスポイント配置などの際の設計に活用できるという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
免許不要として市販されている無線設備、新たに47機種が過大な電波を出していたことが判明 2016年03月22日
iPhoneが送信する無線LAN APの位置情報の中身 2016年02月17日
無線LANを使って壁の向こうを監視するシステム、MITが開発 2013年07月02日
無線機器の信号強度は経年劣化する? 2012年10月23日
スタンフォード研究所、無線端末TelosBを使ってインフルエンザ感染を調査 2010年12月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード三菱電機

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース