国産アニメ100周年!未発見の最初のアニメをイマジネーションでよみがえらせる上映会

2017年5月18日 18:41

小

中

大

印刷

記事提供元:あにぶ

国産アニメ100周年!未発見のままの最初のアニメ―ションをイマジネーションでよみがえらせる上映会を実施!

国産アニメ100周年!未発見のままの最初のアニメ―ションをイマジネーションでよみがえらせる上映会を実施![写真拡大]

写真の拡大

記事提供元:アニメコラムサイト|あにぶ

 2017年5月21日(日)に京都・おもちゃ映画ミュージアムにて、国産アニメーション誕生100周年上映会『下川凹天トリビュートアニメーション&現代のアニメーション作家たち』が開催される。定員30名の事前申込制の企画だ。

 この企画では、国産アニメ―ションが生まれた最初期にアニメーションを制作したと言われる下川凹天の未発見作品を、現代のアニメーション作家がイマジネーションでよみがえらせたトリビュートアニメ―ション集の他、下川の漫画作品を元に制作したAnimation As Communicationのアニメーション作品集、現代アニメーション作家による作品などの上映が行われる。

 また、おもちゃ映画ミュージアム代表の太田米男さんとAnimation As Communication代表森下豊美さんによるトークプログラムなども予定されている。

 おもちゃ映画ミュージアム公式サイト:http://toyfilm-museum.jp/

 子ども向けと侮るなかれ!Eテレアニメ「 はなかっぱ 」について語る

(あにぶ編集部/ネジムラ)

情報提供元:あにぶは、アニメのおたくな情報やアニメのニュースを初め、アニメのコラムなどを配信しているアニメコラムサイトです。

■関連記事


「アニメ・マンガ・特撮」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース