嘉手納でのパラシュート降下訓練に遺憾 防衛相

2017年5月13日 11:36

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 稲田朋美防衛大臣は12日の記者会見で、沖縄嘉手納基地で米軍が10日にパラシュート降下訓練を実施したことに「米側から十分な説明もなく、事前に日米で認識を共有するに至らないまま、嘉手納飛行場で訓練が行われたことは大変遺憾なこと」と語り「米側に対し遺憾の意を申し入れた」と語った。

 パラシュート降下訓練は基本的に伊江島補助飛行場(沖縄県国頭郡伊江村にある米海兵隊飛行場)を使用し、嘉手納飛行場は「例外的な場合」に使用することが日米間で約されている。

稲田防衛大臣は「日本側は10日の朝、米側から訓練実施に係るノータム、すなわち航空情報が発出されていることを確認し、問い合わせをして初めて事実関係が明らかになった」と経緯を説明した。

そのうえで、今回の訓練が「例外的な場合にあたるとは考えていない」と、約束に反する訓練になる可能性があるとの認識を示した。

稲田防衛大臣は「パラシュート降下訓練はSACO(日米特別行動委員会)での最終合意に沿って、伊江島補助飛行場において実施するよう、引き続き求めていく」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
安保法制「わかりやすい言葉で説明したい」防相
英海兵隊将校の在日米軍訓練参加「確認中」政府
防衛白書に辺野古に代替基地建設が唯一の解決策
辺野古に「スーパー基地」の疑義
防衛力『質と量を確保』統合機動防衛力構築期す

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード稲田朋美沖縄県米軍嘉手納飛行場

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース