メダカの遺伝子汚染が拡大、原因は善意の放流か?

2017年4月30日 23:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 大阪府内のメダカ生息調査を継続的に実施しているNPO法人「シニア自然大学校」の水辺環境調査会が大阪府立大学の協力により遺伝子解析調査を実施したところ、在来種が別の地域のメダカと交雑する「遺伝子汚染」が進んでいる実態が明らかになった(YOMIURI ONLINEの記事シニア自然大学校のニュース記事: PDF)。

遺伝子解析が完了したのは2010年~2016年に河川やため池、水路、公園など55か所で採集した計242個体。全体の約3分の1にあたる18か所で大阪在来種以外のメダカが確認された。特に河川や公園ではその割合が高かったという。

メダカは観賞用などで一般的な生物だが、自然界のものは環境省のレッドリストで絶滅危惧2類に指定されるなど種の存続が危惧されている。そのため、保護活動のつもりで養殖メダカや観賞用メダカを放流してしまう例があり、逆に在来種の駆逐が加速されているようだ。今回の調査は大阪府内のものだが、こうした善意の放流は日本各地でみられるようで、注意が必要である。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | バイオテック | サイエンス | 教育

 関連ストーリー:
星出さんらISSに到着、長期滞在開始 2012年07月18日
PCB に抵抗性をもつ魚の進化の鍵が明らかに 2011年11月01日
メダカの性決定遺伝子が確定 2007年02月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード大阪府レッドリスト環境省遺伝子

広告

広告

写真で見るニュース

  • ダミー人形による実験の様子。後席ダミーは、運転席側でシートベルト非着用、助手席側でシートベルト着用となっている。(写真:JAFの発表資料より)
  • レーシングマシン走行(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 開会式用公式服装姿を披露するアスリートたち
  • 画像はイメージです。
  • リサイクルペットボトルによる720mlペットボトル商品。(写真:サントリーグループ発表資料より)
  • ネイティブキャンプ英会話のイメージ。(画像: ネイティブキャンプの発表資料より)
  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース