ドイツで燃料電池を使った列車が試験導入される

2017年4月21日 11:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ドイツで世界初となる、水素を使った燃料電池を動力源とする列車の運行実験が実施された。この電車の名前は「ハイドレイル」で、 これまでのディーゼル列車に比べて騒音が60%少なく、排ガスは一切放出しないという(CNN.co.jpNewsweek)。

 燃料電池は「クリーン」なエネルギー源として注目されており、発電した電力はバッテリーに蓄電して使用する。列車2両毎に燃料電池と水素タンクが設置されており、約800kmの走行が可能だそうだ。ドイツにはすでに水素パイプラインのインフラがあり、これらを活用できるという。

 欧州の鉄道網の約20%がディーゼル車で運行されているそうだが、実験が成功すればこれらが今後燃料電池車に置き換えられる可能性があるようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 電力 | 交通

 関連ストーリー:
スズキ、燃料電池スクーターの公道走行実験を開始 2017年03月29日
岐阜大と澤藤電機、アンモニアから水素を製造する装置を開発 2017年03月24日
ドイツ連邦議会、2030年までにエンジン車禁止を求める決議 2016年10月18日
GMと米陸軍が燃料電池を使ったピックアップトラックを開発 2016年10月12日
テスラ・モーターズのCEO曰く 「水素社会など来ない」 2016年01月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドイツ燃料電池水素欧州ディーゼル

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース