緊急発進回数 昨年度1168回、過去最多

2017年4月15日 09:24

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

平成28年度の緊急発進回数が1168回と、1958年に領空侵犯対抗措置を開始して以来、過去最高になったことが分かった(画像はイメージ)

平成28年度の緊急発進回数が1168回と、1958年に領空侵犯対抗措置を開始して以来、過去最高になったことが分かった(画像はイメージ)[写真拡大]

写真の拡大

平成28年度の緊急発進回数が1168回と、1958年に領空侵犯対抗措置を開始して以来、過去最高になったことが分かった。防衛省統合幕僚監部が14日までにまとめた。

 推定を含め、中国機が約73%を占め、ロシア機が約26%を占めている。金急発進回数は前年度より295回増加していた。

 幕僚監部によると「中国機への緊急発進が851回と前年度に比べ280回の大幅増になり、過去最多」という。このうち、沖縄半島と宮古島間の通過や対馬海峡の通過など中国機による特異な飛行について26事例を公表した。

 一方、ロシア機についても301回の緊急発進が行われ、前年度に比べ13回増えた。このうち9回は尖閣諸島領空付近を飛行するなど特異な飛行が見られ、公表した。

 幕僚監部は中国機では戦闘機が、ロシア機では爆撃機が緊急発進の対象になることが多かったとしている。今回の緊急発進回数に次いで多かった年は昭和59年度の944回だった。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
3四半期の緊急発進883回、前年同期比で急増
緊急発進 今年度上期594回、69%が中国機
緊急発進対象65%が中国機、多くは戦闘機
今年度12月迄の緊急発進567回 98%中露
緊急発進 今年度上期は前年同期比190回減少

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省中国ロシア尖閣諸島

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型NX(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 新型ランドクルーザー(300系)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース