陸上・福士加代子、結婚していた!

2017年4月14日 12:06

小

中

大

印刷

 日本陸上長距離界のエース福士加代子(35)が3月17日に結婚していたことが、判明した。サンケイスポーツなどが報じている。関係者によるとお相手は同じ陸上界でマラソン関係者の関西在住41才。出会いは2005年頃で仕事を通じて知り合い、12年の長い交際期間を経てのゴールインとなった。夫とは既に長い間競技生活を支えてくれており、家族同然だったかもしれない。

 福士は青森県の五所川原工高時代はほぼ無名であったが2000年にワコールに入社、トラック競技で頭角を現した。現在も3000メートル、5000メートルの日本記録保持者でもあり、当時からちょんまげヘアの「爆走娘」として広く知られた存在だ。トラック種目では国内無敵で五輪に3回、世界選手権にも2回出場。昨年1月の大阪国際女子マラソンで2時間22分17秒の自己新記録で優勝し、昨年のリオデジャネイロではマラソン代表として4度目の五輪出場となった。

 9日には休暇を利用してハワイで行われたホノルルハーフマラソンに出場し1時間17分31秒で優勝した。挙式の予定は未定だそうだが、これは新婚旅行を兼ねての出場のようだ。結婚による引退は考えておらず2020年東京五輪出場を目指しており、出場できれば5大会連続での五輪出場となる。

関連キーワードワコール