「神スイング」の稲村亜美が『週刊プレイボーイ』で大胆水着ショット披露

2017年3月29日 20:52

小

中

大

印刷

■トヨタのCMで大胆スイングを見せた稲村亜美


 トヨタ自動車のCM「G's Baseball Party」で見事なスイングを見せたOL風の女の子。彼女の正体は稲村亜美である。稲村亜美は現役の女子大生でありながら、グラビアやキャスター業などで活躍。その人気は止まるところを知らず、水着姿の写真も各雑誌にて見る機会が多くなった。

■テレビキャスター、グラビアと引っ張りだこ状態

 稲村亜美は1996年生まれ、東京都出身。現在は国士舘大学に通いながら浅井企画という事務所に所属している。トヨタのCMで見せた大胆なスイングが注目を集め、「神スイング」とまで言わしめた。彼女は元々小学1年生から中学3年生まで野球をしており、現在でも野球好きの有名人として知名度を上げている。ちなみに、スイングだけでなくピッチングも見事なもので、始球式に呼ばれた際にその腕前を見せた。

 幼少期の野球などで鍛えられた体は非常に健康的で、世の男性を魅了するには十分な資質を備えている。その体を水着で包み、2017年3月27日には『週刊プレイボーイ』にて披露。肌色の水着を着用した写真からは、形のいいEカップバストと共に、肉付きのいい身体をまざまざと見せつけている。また、『週刊プレイボーイ』だけでなく、昨年は『週刊ビッグコミックスピリッツ』でもその姿を披露している。

 従来のグラビアと違い、体育会系ということもあって稲村の笑顔は非常に爽やか。体付きだけでなく、その笑顔も彼女の大きな武器となっているのがわかる。野球の経験があったからこそ、彼女は他のアイドルにはない絶対的な武器を持つことができた。さらに、その知識はキャスター業にもつながり、これからメディアへの露出はどんどん増えていくだろう。

■今後も『ミスiD』出身のグラビアから目が離せない

 稲村は過去に『ミスiD(アイドル)2014』という企画にて、準グランプリとして選出された。また、週刊プレイボーイとグラドル自画撮り部が主催する「第1回ジガドル・グランプリ」でも吉田豪賞を獲得するなど、その実力をさまざまな場所で見せ付けている。これからDVDや写真集の話も出てくる可能性は大きくあるため、要チェックしておきたいタレントである。

 なかでも講談社が開催する『ミスiD(アイドル)』からは、毎年さまざまなグラビアアイドルが発掘されている。稲村亜美に続く新しいアイドルの出現の可能性もあるため、こちらの企画からも目が離せなくなっている。(記事:藤田竜一・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ週刊ビッグコミックスピリッツ講談社稲村亜美

広告

財経アクセスランキング