経済 RSS

 

日・米・欧の遺伝子治療薬市場、2020年には738億円に急拡大

2017年3月6日 08:45

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 2012年10月に先進国で最初の遺伝子治療薬となる「Glybera」が欧州で販売承認された。これを皮切りに「IMLYGIC」、「Strimvelis」、「Zalmoxis」の販売が欧米で承認され、遺伝子治療薬の市場が芽生えつつある。これを受け、シード・プランニング(は、遺伝子治療薬の将来展望に関する調査を行い、その調査結果を取りまとめた。

 2017年にはCAR-T療法製品が米国で販売承認される見通しであり、これを契機に遺伝子治療薬市場が大きく成長することが予想されるという。遺伝子治療薬の研究開発状況をみると、癌や単一遺伝子疾患、眼疾患、神経疾患、感染症、慢性疾患など様々な疾患を対象に、2015年から2016年の期間に世界で556件の臨床試験が実施された。種類別に分類すると、CAR-T療法やDNA/RNAワクチンの臨床試験が多いが、腫瘍溶解性ウイルスやTCR療法の臨床開発も活発化し始めている。さらに、ゲノム編集を基本コンセプトとした遺伝子治療薬の臨床試験が始まるなど、遺伝子治療薬の研究開発は活況を呈している。

 日本においても条件及び期限付承認制度が追い風となって、遺伝子治療薬の市販を目指した研究開発が著しく増加しており、2018年頃から遺伝子治療薬市場が形成されると見込まれるとしている。

 調査は、医薬・医療業界の成長分野として注目される遺伝子治療薬について、世界の研究開発動向と、メインプレイヤー企業の事業戦略をフォローするとともに、医療現場における実用化・普及に向けた課題を検討し、遺伝子治療薬市場の将来を展望した。

 日・米・欧3 地域における遺伝子治療薬の市場規模は2016 年時点で24 億円程度(推定)と小さい。 しかし、2017 年以降にCAR-T 療法製品をはじめとした新薬の活発な上市が予想され、2020 年の市場規模は738 億円に急拡大すると見込まれる。その後2025 年にかけては、癌や単一遺伝子疾患、眼疾患、神経疾患、虚血肢およびうっ血性心不全等の慢性疾患、HIV 感染症に対する遺伝子治療薬が普及して、市場規模は2025 年に1 兆円の大台を超える見通しだという。

 2026 年以降も健常人ドナーの細胞から作製されるoff-the-shelf のCAR-T 療法製品(ユニバーサルCAR-T)やゲノム編集を基本コンセプトとした遺伝子治療薬の登場によって、市場の更なる成長が期待され、2030 年の市場規模は5.6 兆円に達すると予想されるとしている。(編集担当:慶尾六郎)

■関連記事
統合失調症の新たな治療に期待 理研らがマウスの認知機能の回復に成功
「睡眠と音楽、呼吸」への関心度が40%超 IT、生命科学の融合領域の需要調査報告
遠隔操作で網膜手術に成功 日本にも広がる手術支援ロボットとは
京大らがiPS細胞で筋ジストロフィーの変異遺伝子を修復
AID精子提供者開示問題が示す「先端技術に追いつかない生命倫理の現実」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ欧州シード・プランニングHIV(ヒト免疫不全ウイルス)ゲノム遺伝子遺伝子治療薬

「経済一般」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース