ラクーンは日本クラウドキャピタルへの出資を発表

2017年2月28日 17:14

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■日本初の株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ) 」を運営

 ラクーン<3031>(東1)は 、日本初の株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ) 」を運営する日本クラウドキャピタルへの出資を発表した。なお、同社の持株比率は2.6%(2017年2月28日現在)。

  日本クラウドキャピタルは、日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスFUNDINNOを運営している。株式投資型クラウドファンディングとは、非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの投資家から少額ずつ資金を集める新しい資金調達の手段である。資金調達を希望する企業はFUNDINNOを通して日本中の投資家から投資を募ることが可能となる。一方、投資家は、FUNDINNOが厳正な審査を行ったうえで紹介する企業の中から応援したい中小・ベンチャー企業へ投資をし、株主になることができる。

 同社は、企業間取引向けの決済サービス「Paid」を運営している。Paidは企業間取引の掛売り(後払い)決済で発生する与信管理から請求、代金回収まで決済周りの業務を一括して代行するサービス。Paidは決済を効率化するサービスのため、ベンチャー企業やスタートアップ企業から大手企業まで、業種や企業規模を問わず導入されているが、草創期から成長期にあるベンチャー企業やスタートアップ企業については、業務の効率化、管理コストの削減等、特にニーズを感じて導入されている。

 今回、同社は、日本クラウドキャピタルへの出資を通じて、FUNDINNOを通じて資金を集めたいベンチャー・スタートアップ企業に対し資金面に加え、Paidを提供することで、決済業務の効率化、管理コストとサービス運営面におけるサポートを併せて行うことになる。

https://fundinno.com/(FUNDINNO(ファンディーノ)サービスページ (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】エイトレッドは上場来安値から続急伸、3Q決算発表を先取り成長可能性を見直し直近IPO株買いが増勢(2017/01/24)
【季節の一枚】東京証券取引所で新年恒例の大発会!ポーズを取る晴れ着姿の女性(2017/01/04)
【話題】トランプ米大統領の就任演説(2017/01/23)
【村山貢司の気象&経済歳時記】2017年も異常気象に悩まされる年?(2017/01/02)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース