大豆由来の保護材を使った配線ケーブル、ネズミに狙われる

2017年2月22日 16:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 アメリカで、大豆由来の保護材を使用した自動車の配線ケーブルがネズミにかじられる事件がたびたび発生しているという(Forbes)。2016年には、ネズミの被害を受けたトヨタ車やホンダ車ユーザーが集団訴訟を起こす事案も発生しているという。

 この保護材は生物分解性が高い「エコ」な素材として使われている。たとえばトヨタは石油資源を使わないバイオプラスチックの採用を進めているのだが、それがネズミに食べ物として狙われているようだ。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
米国のクラフトビールメーカー、生分解性の缶ビール6本パック用ホルダーを開発 2016年05月22日
福島第一原発、停電の原因はネズミか 2013年03月23日
ロブスターの殻で作られたゴルフボール 2011年04月28日
デンバー空港にて車の配線を食べるウサギが出現 2010年10月16日
ケーブルなどのネズミ対策、どうしてる? 2009年02月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードホンダトヨタアメリカ自動車

関連記事

広告