ソーラー充電システムで一日当たり平均2.9㎞走行可能なプリウスPHV

2017年2月18日 16:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia曰く、 トヨタがこれからのエコカーの大本命と位置づける新型プリウスPHVでは、メーカーオプションで屋根に搭載できるソーラー充電システムが提供される(朝日新聞Response)。

 名古屋地区の年間日照データを基準にすると、充電量は1日当たり平均で2.9km、最大6.1kmのEV走行に相当するという。バッテリー容量は68.2km走行分あるので、日常ユースにはEV走行だけでほぼ足りるが、屋根だけのソーラー充電で約3㎞走れるというのは、意外に多い気もする(1㎞先なら行って帰ってこれる)。でもガレージの屋根は無しにしないと駄目だな(ガレージの日当たり問題で)。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 電力 | 交通

 関連ストーリー:
太陽電池パネルを敷き詰めた世界初の道路がフランスで開通、1kmの区間で費用は500万ユーロ 2016年12月27日
燃料電池車(FCV)本格、市販開始 2014年11月20日
東海大学がシャープの太陽電池でオーストラリアのレースに参戦 2009年06月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタプリウスPHV

関連記事