米大統領訪日と総選挙「全く関係ない」、自民・二階氏

2017年2月14日 17:19

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

自民党の二階俊博幹事長は13日夕のぶら下がりで、記者団から、米国のトランプ大統領の年内訪問が決まったが、それまでの解散・総選挙はないとの見方についてどうか、と聞かれ「日本はアメリカに従属しているわけではないですから」と答えた。

 二階幹事長は「トランプ大統領が来ようが来まいが、解散するとかしないとかということとの関係は全くありません」と当然ながら、きっぱり答えた。

 また、日米首脳会談で麻生太郎副総理とペンス副大統領の下で『経済政策』『インフラ投資やエネルギー分野での協力』『貿易・投資ルール』の3つを柱とする経済対話を進めることが決まったが、交渉において厳しい局面も出てくると思うが、交渉をどのように進めていくべきと考えるかとの記者団の問いには「今後においてもしっかりした両国の関係を構築し、一歩も二歩も前進させるようにお互いに努力をしていく。このことが大事」とした。

 二階幹事長は「会談で一回うまくいったからといってそのまま置いておくのではなくて、これはどんどんと良い関係をさらに前進させるように両国ともに協力すべきと思う」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
しっかり答弁をしていただいてと法務相を激励?
韓日双方で改善促す声出始めると韓国メディア
長嶺駐韓大使の帰任「早いうちが良い」二階氏
補正予算案が衆院通過 政府与党月内成立目指す
テロ等準備罪「できれば公明に沿いたい」二階氏

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ米国麻生太郎自民党二階俊博選挙ドナルド・トランプ

関連記事

広告