1月のデスクトップOSシェア、日本でWindows 10が1位になる

2017年2月5日 10:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

StatCounterの1月分デスクトップOSシェアデータによると、日本でWindows 10がWindows 7をわずかに上回り、初の1位となっている。

日本でのWindows 10のシェアは2.16ポイント増の33.06%。Windows 7は0.13ポイント減の33.04%となり、Windows 10が0.02ポイント上回った。ただし、1月は休日が多く、日単位でみるとWindows 10のシェアは休日に数ポイント増加するため、2月は再びWindows 7が逆転する可能性もある。なお、世界全体では休日にWindows 10のシェアが増加するのに応じてWindows 7のシェアが減少する。一方、日本ではWindows 7の変動が少なく、休日に大きく減少するのはOS Xだ。日本でのOS Xのシェアは0.44ポイント減の15.19%となっている。

このほか、Windows 10はシンガポールで9月以来初めて、アイルランドでも10月以来初めてWindows 7を上回って1位となっている。ブルネイでは10月以降Windows 10とWindows 7が1位を争っており、12月にはWindows 10が1位だったが、1月はWindows 7が1位になった。そのため、アジア圏でWindows 10が1位なのは日本とシンガポールのみとなる。
世界全体でみると1位のWindows 7が0.17ポイント減の40.06%で、2位のWindows 10は0.57ポイント増で27.72%とその差はまだまだ大きい。このほか1月に増加したのはOS X(11.2%、0.2ポイント増)とWindows 8(2.55%、0.26ポイント増)のみ。

Net Applicationsのデータでは、2位のWindows 10が0.94ポイント増の25.30%となり、初めて25%を超えている。1位のWindows 7は1.14ポイント減の47.20%となっており、StatCounter以上に2位との差は大きい。3位のWindows XPは0.1ポイント増の9.17%で、3か月連続増加している。4位のWindows 8.1は前月と変わらず6.90%で、5位のMac OS X 10.12(macOS Sierra)は0.44ポイント増の2.75%。Mac OS全体では0.25ポイント増の6.32%となっている。Linuxは0.06ポイント増の2.27%、Windows全体では0.31ポイント減の91.41%となった。

Steamのデータでは、Windows 10 64 bitが0.48ポイント減の48.49%、Windows 10が0.04ポイント減の1.18%。Windows 10全体では0.52ポイント減の49.67%となり、50%を割った。Windows 7全体は0.86ポイント増の35.11%、Windows 8.1全体は0.31ポイント減の8.40%となっている。 

スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | OS | 統計 | デベロッパー

 関連ストーリー:
PC出荷台数が減少する一方、ゲーミングPC市場は好調との分析結果 2017年01月28日
Windows 10 RTMは3月26日でサービス終了 2017年01月23日
Microsoft、CSPを利用する企業ユーザーにWindows 10への無償アップグレードを提供 2017年01月21日
ドイツのMicrosoft、Windows 7を3年後のサポート終了まで使い続けないことを推奨 2017年01月17日
12月のデスクトップOSシェア、SteamでWindows 10が50%を超える 2017年01月06日
開発者の「Mac離れ、Linuxへの移行」が進んでいる? 2017年01月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindows 10MacWindows 7Windows 8Windows XPWindows 8.1LinuxOS X

関連記事

広告