日米防相会談で同盟関係確固たるものに、稲田防衛相

2017年2月4日 11:50

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

稲田朋美防衛大臣は3日の記者会見で「4日に米国のマティス国防長官と会談する」としたうえで「会談では日米同盟の抑止力・対処力の強化や米軍再編など、日米同盟の諸課題について率直な意見交換を行い、同盟関係をさらに確固たるものにしていきたい」と語った。

 また、北朝鮮のミサイルへの対策について日米韓の連携等、どういうふうに話し合っていくのかとの記者団の問いに「北朝鮮のミサイルの脅威は、昨年、新たな段階に入っているというふうに認識をしている」としたうえで「わが国自身のミサイル防衛能力をしっかりと確率していく、そして日米同盟を強固にする、またGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)も発効したけれども、日米韓の連携をしっかりと築いていきたいということなど、基本的なことだけれども話をしたい」と答えた。

 マティス国防長官との信頼関係構築については「マティス国防長官はトランプ大統領の信頼も厚く、トランプ政権における非常に重要な閣僚でおられるので、それと同時に率直なお人柄だということも聞いている」とし、4日の会談では「率直な意見交換を通じて、信頼関係が築けていけたらというふうに期待している」と答えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
大統領令は総理の外交基軸と違うのではと追及
首脳会談で日米同盟確固たる事発信が最大テーマ
2月10日に米国で日米首脳会談 日米関係深化図る
日米防相会談で安全保障環境の認識を共有したい
対IS軍事作戦「後方支援行わない」総理答弁

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。