東京国立近代美術館フィルムセンターで押井守監督特集上映

2017年1月9日 09:55

小

中

大

印刷

記事提供元:あにぶ

東京国立近代美術館フィルムセンターで押井守監督特集上映が1月10日よりスタート!ラインナップをチェック!

東京国立近代美術館フィルムセンターで押井守監督特集上映が1月10日よりスタート!ラインナップをチェック![写真拡大]

写真の拡大

記事提供元:アニメコラムサイト|あにぶ

 東京国立近代美術館フィルムセンターにて1月10日(火)から1月22日(日)にかけて押井守氏の監督作品を集めた特集上映『自選シリーズ 現代日本の映画監督5 押井守』が実施されるそうだ。

 根強い支持を受けている「うる星やつら2ビューティフル・ドリーマー」や「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」などのアニメ作品に加え、「立喰師列伝」や、「ケータイ捜査官7」より「圏外の女」のディレクターズカット版などの実写作品も取り揃え、充実したラインナップとなっている。

 1月10日(火)と1月21日(土)には押井守監督のトークイベントも予定されている。

 東京国立近代美術館フィルムセンター公式サイト:http://www.momat.go.jp/fc/

 魅力褪せない「 うる星やつら 」。今から見るならなにを見たらいい?

(あにぶ編集部/ネジムラ)

情報提供元:あにぶは、アニメのおたくな情報やアニメのニュースを初め、アニメのコラムなどを配信しているアニメコラムサイトです。

■関連記事
『攻殻機動隊』哲学をしたい時に観たいSFアニメ
アニメ制作会社ざっくり紹介-その1『サンライズ、京アニ、I.G.編』
ループものアニメまとめ その1 バブル前夜の『ドラえもん』『うる星やつら』

関連キーワードうる星やつら実写東京国立近代美術館押井守

広告

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース