憲法改正に強い意欲滲ませる、年頭所感で安倍首相

2017年1月2日 12:17

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は1日、2017年度「年頭所感」を発表し、「本年は日本国憲法施行70年の節目の年にあたる」と憲法を強く意識した。安倍総理は、芦田均元総理は現行憲法制定にあたり「歴史未曽有の敗戦により、帝都の大半が焼け野原と化して、数万の寡婦と孤児の涙が乾く暇なき今日、如何にして『希望の光』を彼らに与えることができるか・・・」と訴えた。

 そして「先人たちは、廃墟と窮乏の中から、敢然と立ち上がり、世界第三位の経済大国、世界に誇る自由で民主的な国を、未来を生きる私たちのため、創り上げてくれた」と前置きした。

 安倍総理は、芦田元総理の用いた『希望の光』を引用し、「今を生きる私たちも、また、直面する諸課題に真正面から立ち向かい、未来に不安を感じている、私たちの子や孫、未来を生きる世代に『希望の光』を与えなければならない。未来への責任を果たさなければなりません」と呼びかけ、憲法改正に強い意欲をにじませた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
配偶者控除「できるだけ早く改善を」経団連会長
総選挙「いったい何を問おうとするのか」石破氏
「自民に政局的な話多すぎ」民進党の野田幹事長
自民改憲案は憲法の基本理念を根底から覆すもの
同一労働同一賃金 ワードは合致、立ち位置は

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三憲法改正憲法

関連記事

広告