オスプレイ、安全確認まで飛行停止、機体に原因の可能性低い

2016年12月14日 21:24

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 防衛省は14日、沖縄県名護市東海岸から約1キロメートル沖合で米軍機オスプレイが13日に不時着した案件で、稲田朋美防衛大臣が米側に申し入れていた安全が確認されるまで、オスプレイの一時飛行が停止されることを確認したと発表した。

 稲田防衛大臣は14日未明、マルチネス在日米軍司令官へ電話で事故に係る原因究明・情報提供、安全が確認されるまでの飛行停止について申し入れを行っていた。

 その後、(1)事故機が空中給油訓練実施時にホースが切れ、不具合が生じたこと(2)飛行困難となりキャンプ・シュワブを目的地にして飛行するなかで、地元への影響を極小化するため、海岸沿いを飛行していたが、途中で辿り着けず着水したこと(3)機体はコントロールできる状態だったこと(4)事故の原因が機体である可能性は極めて低いこと(5)安全が確認されるまで一時飛行が停止されることの報告が米側から確認できたとした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
オスプレイは不時着でなく墜落だと抗議の談話
名護市東海岸1キロ沖合にオスプレイ不時着
北部訓練場4千ha返還式に翁長知事出席して
安全確保へ申し入れ続ける 稲田防衛大臣
ヘリパッド建設で環境アセス「法的な義務ない」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Z H2 SE(画像: カワサキモータースジャパン発表資料より)
  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース