三越伊勢丹、ビューティ事業に参入、エステ大手のソシエを子会社化

2016年12月9日 07:15

小

中

大

印刷

 三越伊勢丹ホールディングスは8日、エステ大手のソシエ・ワールドなどを子会社に持つ、SWPホールディングスの全株式を取得し、子会社化したと発表した。

 株式取得の理由として同社は、ソシエ・ワールドが事業展開するエステティックを始めとするトータル・ビューティの事業が、「コトサービス」の強化策として、同社グループに必要な事業であると判断したとしている。

 今後は、同社グループの資源を最大限に共有することで、ソシエ・ワールドにおける出店機会の獲得や物流等のインフラ効率化等を通じた事業拡大を図るとともに、新たな業態開発も含め、企業価値の向上を図っていくという。(記事:町田光・記事一覧を見る

関連キーワード伊勢丹三越

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース