国交省、車検切れ車両をその場で摘発できるシステム導入へ

2016年11月28日 17:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 国土交通省が2018年度をめどに、車検切れの車を路上で取り締まるシステムを稼動させて路上での取り締まりを行う方針だという(朝日新聞)。

 導入を予定しているのは、カメラでナンバープレートを読み取り、リアルタイムで照合を行って車検切れを判断できるというもの。車検切れと判断された車両に対しては、その場で係員と警察が連携して取り締まりを行うそうだ。

 無車検車や不合格車は公道を走行できないが、国土交通省によると登録が必要な車やバイク約8千万台のうち約300万台が車検を受けず、さらに20万台が車検を受けないまま公道を走っていると推定されているという。車検時に自賠責保険も更新するため、車検切れの車は自賠責保険も切れている事がほとんどで、事故の際、被害者への補償が行われない場合が多い。個人的には今までその場で取り締まれなかったことが意外である。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
車のナンバープレートの「希望ナンバー」枯渇が近づく、対策として分類番号にアルファベットを導入へ 2016年07月14日
防犯カメラの不鮮明な画像からナンバープレート番号を照合する技術 2014年08月06日
米国で秘密裏に開発されている車両追跡システム 2014年05月09日
駐車場で自動車のナンバープレートを自動解析し来店者の属性を知るシステム 2014年04月10日
都市における調査監視システムの発展によって増加するプライバシー懸念 2013年10月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。