英国人の56%、地球外に移住するなら月がいい

2016年11月26日 17:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

アニメ「The Jetsons (宇宙家族ジェットソン)」にちなんで実施された2062年のテクノロジーに関する意識調査によると、英国人の56%が地球以外に住むなら月に住みたいと回答したそうだ(Techmashの記事BetaNewsの記事)。

調査は米Arconicが英国人1,000人を対象に実施したもの。2062年には一般人の宇宙旅行が可能になっているとの回答は46%。19%は予算が許せば火星に別荘を購入すると回答したという。月以外の移住先としては、居住可能な未知の惑星が発見されたら移住したいとの回答も43%にのぼる。また、2062年までに地球外生命体が発見されていることを期待する回答者も36%いたとのこと。

2062年までに広く利用可能になっていると思うテクノロジーとしては、自律走行車(74%)やホログラム会議(72%)を多くの人が挙げた一方、テレポーテーションが実現可能になると回答したのは17%に過ぎないとのこと。期待する2062年の自動車としては、自律走行車(39%)、ゴミや水素を燃料とする自動車(22%)、空飛ぶ自動車(14%)などとなっている。

1962年に米国で放送が開始されたThe Jetsonsは、100年後の未来となる2062年を舞台としている(カートゥーンネットワークの番組解説では30世紀となっている)。Arconicでは現在のテクノロジーを踏まえてジェットソンの世界を再想像するキャンペーンを行っており、ジャスティン・リン監督によるイメージビデオなども公開している。 スラドのコメントを読む | idleセクション | テクノロジー | 英国 | アニメ・マンガ | サイエンス | 火星 | idle |

 関連ストーリー:
完全自律飛行する「空飛ぶロボットタクシー」 2016年11月25日
SpaceXの火星移住計画、現段階での構想が明かされる 2016年10月27日
CBSとパラマウント曰く、スタートレックのファンムービーに対する訴訟に監督やプロデューサーの意見は無関係 2016年10月02日
名称を公募していた英国の極地調査船、一番人気の「RRS Boaty McBoatface」は不採用に 2016年05月07日
「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」の舞台となった「2015年10月21日」、いよいよ来たる 2015年10月21日
英IT・テクノロジー産業の意思決定者、4分の1以上が「将来Skynetは現実のものになる」と考える 2015年07月17日
手の指1本とインターネット接続、一方を失うとしたらどちらを選ぶ? 2015年05月12日
自らを本当に「ジェダイである」と信じている人間が増えている? 2014年10月28日
トムソン・ロイターによる、2025年の未来予測 2014年08月02日
100 年後の世界はどんな姿? 2012年01月18日
2020年のパソコンデザイン 2011年05月26日
イギリス人の20%、ライトセイバーの存在を信じる 2011年03月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード地球外生命英国

広告